1月6日、エレカシの新春ライヴ2017へ行って来ました。


去年は日程が合わず行けなかったので待ちに待ったエレカシでした。

25年位前の3000人限定新春武道館で見たときと同じ『夢のちまた』でスタート。
久しぶりに聴く『珍奇男』や『真冬のロマンチック』など第一部前半の曲が素晴らしい。
『桜の花、舞い上がる道を』、『笑顔の未来へ』、『ハナウタ』三連発は泣けましたよ。
第2部も良かったなぁ。
ラストはここでファイティングマン。
アンコール明けは『涙』、『今宵』、そしてファイティングマンを演ってしまったので
ラストはもちろん『待つ男』。

2時間半ほどのライヴでした。

公演が終わりエレカシ好きの出展仲間何人かに新年の挨拶をして帰路に着きました。

あ~、早く次が観たい。
スポンサーサイト

昨日、小沢健二のライヴへ行ってきました。


初日に続いて今回のツアー2度目のライヴでした。

セットリストは初日と全く一緒でしたが、
今回のバンドと慣れてきたのか初日とは熱が違いました。
小沢氏がお客さんをあおるあおる。
私同様、初めてではない方が多く新曲でも歌詞が出ていることもあって
歌いまくりです。
おかげで私は初日より喉がいかれました。

新曲の『流動体について』、『超越者たち』、『その時、愛』、
『ふくろうの声が聞こえる』は本当に素晴らしく早く今度はCD化してほしいと心から思いました。

もちろん『ドアノック』や『強い気持ち』、『さよならなんて』、『ラブリー』、『それはちょっと』は
周りのお客さんたちが号泣しながら歌うほど言葉に出来ないくらいの感動曲でしたが
私の昨日の1番曲は『天使たちのシーン』です。
このブログでも何回も書いていますが
『天使たちのシーン』は私の人生曲です。
人生で大事な人や大事なネコが亡くなったとき、
嫌なことが続いたときに必ず聴いています。

今ツアーでは毎回、アレンジを変えているそうで
初日はあまり心に響かなかったのですが
昨日の曲に入る前に小沢氏が
「前を向いて生きていける力になったら、と思って作った曲です。」
と言って演奏に入りました。
本当に本当にその通りです。
この曲で何度も何度も助けられました。
3分の1くらいの演奏でしたが十分です。
本当に名曲です。
長い曲ですが聴いたことのない方はぜひ1度聴いてください。

この素晴らしいライヴをまた見たい。

しかし今度はいつになるんだろう。

昨日、小沢健二のライヴ初日に行って来ました。

スマホの調子が悪くて画像を送信できませんでした。
スミマセン。

もう待ちに待っていた小沢健二のライヴです。
前回のオペラシティからいったい何年経つのだろう。
2年位でも10年くらいに感じてしまいます。
私は小沢信者なのでもちろん復活もオペラシティも行きましたよ~。
でも毎回今回が最後かなと思ってしまうんです。

そして今回はホーンも入らないバンド編成でした。

いや~やっぱり小沢はすごい。
構成がすごい。ギターがすごい。そしてそしてなんと言っても歌詞がすごい。
歌詞は唯一無比。小沢同等の歌詞をかけるのはエレカシの宮本くらいでしょう。
もう泣きますよ。50近いおじさんたちが泣きまくりです。
もちろん私も号泣です。

初日なのでタネ明しはしませんが、ひとつだけ。
『それはちょっと』を演りました。
当時はそんなに好きな曲ではなかったのですが、
もう自分の人生に置き換えたら涙が止まらなくなりました。
そして『強い気持ち、強い愛』です。

やっぱり小沢健二はすごい。

6月にもう1度行くので楽しみです。

私は信者なのでこの文章を見て不快になった方、
本当に申し訳ありません。
まだ興奮冷めやらないのでお許しください。

1月3日、エレカシ 新春日本武道館公演二〇一五に行ってきました。


久しぶりに大好きなエレカシのしかも新春公演に行ってきました。

エレカシは20年以上前の大学生だったころに知って
それからは追っかけていました。

東京近郊のライブは当時ほとんど行っていました。

お客さんもいなくて
宮本は今と違っていつもお客さんに毒づいていました。
しかも演奏時間は1時間弱。
まさかこんなに大きな大きなバンドになるなんて
そのときは思ってもいませんでした。

今から20年ほど前、
エレカシの武道館公演は3千人限定で
それはそれは緊迫感にあふれ、
年明けからピリピリしていました。

今回はそのときとは違い楽しいライブでした。

1曲目はなんと『部屋』からスタート。

『悲しみの果て』でまず涙し、続いての『デーデ』で興奮。
そしてストリングスが入り『彼女は買い物の帰り道』、
『昔の侍』、『もしも願いがかなうなら』、
私の大好きな『シグナル』と続きまたまた号泣。
『赤き空』、『今宵の月のように』、『笑顔の未来へ』、
『ズレてる方がいい』、『俺たちの明日』で1部終了。
この連続曲でまず喉がかれました。

2部は『大地のシンフォニー』からスタート。
そしてこの日、一番聞きたかった『桜の花、舞い上がる道を』
いや~良かった。泣きました。

後半、『ガストロンジャー』、『ファイティングマン』、『so many pepole』で2部終了。

これで終わりかと思ったら
これまた私の大好きな『ハナウタ』。

そしていよいよ終わりかと思ったら『花男』

これでもう完璧に喉がつぶれました。

まさかラストが『花男』とは。

昔と変わらないではないですか。

いや~良かった。

もう次のライブに行きたくて仕方ありません。

来年も絶対新春ライブだけは行きたい。

小沢健二 『東京の街が奏でる』 初日に行って来ました。


数多く会場に行きましたがここは初めてです。

まずスチャダラのボーズの前説で楽しく始まりました。

そして本編は二年前の復活のときと違いスカパラ抜きでした。
まぁ会場がオペラシティだったので薄々は感じていましたが。
その代わり今回は弦楽四重奏がバックでした。
それがなんともまぁ素晴らしいこと。
それ以外の編成はベースとパーカッションと小沢健二のギターだけという
ドラムなしのあまり見ないものでした。
今回のキーワードとなっているメトロノームが随所に効いていて
ドラムなしがまったく気にならない。
本当に小沢健二は凄い。素晴らしい。
復活のときも号泣しましたが今回も号泣です。
『僕らが旅に出る理由』、『強い気持ち、強い愛』、
そして私が大好きな『ある光』のときは涙が止まらんですよ。
またギターをかき鳴らしまくる小沢健二がまたカッコいい。

もっと曲目なんか詳しく書きたいんですが
何せ今回は初日に行ってしまったのでこれくらいにしておきます。
これから行く方は『LIFE』をバッチリ聞き込んでいったほうが良いです。
そうでないと私みたいに歌いすぎてのどが痛くなれないですよ。

もう一回行きたいなぁ。
私、生まれも育ちも西荻窪です 西荻くつしたです
本場徳島県産の藍にほれ込んで 健康に良い様々な効果を伝えたくて 奈良県産 綿100%の くつしたを 染め続けております。      藍の染め液には、抗菌・防臭・保温・保湿の効果があります。それを、最大限に活かすために合成化学成分はほとんど使わずに染めております。その効果を、本藍染たびくつしたでぜひお試しください。

nisiogi389

Author:nisiogi389
FC2ブログへようこそ!

本藍染女性用たびくつした       ぴったり
Aたび_RL

ぴったりフィットなので履いていて気持ちいい 重ね履きにもオススメです
サイズは 22~24 cm です
1200円にて販売中です 

本藍染女性用たびくつした ゆるくちゴムなし
ゆるたび_R

足首に締め付けがないので ご年配の方や就寝時履かれる方にオススメ
サイズは 22~24 cm です
1200円にて販売中です 

ご意見・ご感想はこちらから
本藍染くつしたのご注文も お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援ありがとうございます
気に入っていただけたら

FC2Blog Ranking

リンク