藍のおはなし。 なぜ徳島県が藍の主要産地になったのか。

P3191183_R.jpg

前回は藍は中国から伝わったことを書きましたが
今回は画像の徳島県産の藍が今でもなぜ主要産地なのかについて書きたいと思います。

日本に伝わってきた藍は主に京都の洛中で作られていたそうです。

ということは中国同様、皇族・貴族たちの衣服を染めるために
栽培されていたのでしょう。

その頃は今の染めの方法と違っていましたので
栽培した土地でしか染めることが出来ませんでした。

しかもこの頃は主に絹を染めていました。

江戸中期に、木綿の栽培と平行して徳島県産(当時は阿波産)の藍の需要が高まりました。

徳島県の中心を流れる吉野川は日本三大暴れ川のひとつで
何を栽培しても台風時期に流されました。

そこで初代徳島藩主、蜂須賀家は台風前に収穫できる藍に着目しました。

何度も氾濫を繰り返していた吉野川流域は
決壊により上流より肥沃な土砂が流れ込むため最も藍の栽培に適していたのです。

また徳島県は海に面しているため
輸送という観点でも藍の主要産地として適していました。

先に書いたように藍は栽培した土地でしか染められなかったのですが
醗酵建てという新しい染めの技法により
画像のようなカマスに入れ日本各地に輸送することができました。

以後、蜂須賀家の蓼藍づくりの保護奨励策もあり、
やがて徳島県産の藍は質量ともに国内随一となっていきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私、生まれも育ちも西荻窪です 西荻くつしたです
本場徳島県産の藍にほれ込んで 健康に良い様々な効果を伝えたくて 奈良県産 綿100%の くつしたを 染め続けております。      藍の染め液には、抗菌・防臭・保温・保湿の効果があります。それを、最大限に活かすために合成化学成分はほとんど使わずに染めております。その効果を、本藍染たびくつしたでぜひお試しください。

nisiogi389

Author:nisiogi389
FC2ブログへようこそ!

本藍染女性用たびくつした ゆるくちゴムなし
ゆるたび_R

足首に締め付けがないので ご年配の方や就寝時履かれる方にオススメ
サイズは 22~24 cm です
1200円にて販売中です 

ご意見・ご感想はこちらから
本藍染くつしたのご注文も お待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援ありがとうございます
気に入っていただけたら

FC2Blog Ranking

リンク